インスタグラムでインバウンド集客

インバウンドの集客方法のひとつにインスタグラムがあります。

 

インスタグラム

 

訪日外国人も活用しています。

 

「日本人しか知らないようなその和食屋さんどうやって見つけたの?」と外国人に聞くと「インスタで検索しました」という答えがよく返ってきます。

 

最近注目されているSNSがインスタグラムです。

 

外国人にとって日本語という壁があります。インスタグラムはこの壁のハードルが低くなります。なぜなら写真を投稿するSNSだからです。

 

写真でどんどん自分の感性に合うかどうか判断できます。画像でコミュニケーションを図るSNSです。

 

外国人も普段から使っています。インスタグラムで検索して気になった観光スポットを巡る人も増えています。

 

情報を発信する側になると重要になってくるのが#(ハッシュタグ)です。外国語ができないと思ってハッシュタグに手を出さない人もいますがもったいないですよ。

インスタグラムの中国語ハッシュタグ

英語圏の人をインバウンドで集客しようと思ったら英語のハッシュタグです。しかし中華圏の人をインバウンドで集客しようと思ったら中国語のハッシュタグです。

 

ここでまずチェックしなければいけないデータがあります。

 

訪日外国人の国地域別の割合です。

 

圧倒的に中華圏からのお客さんが多いんです。

 

中華圏の次は韓国です。

 

なのに英語のハッシュタグをつけても反応は薄いんです。

 

訪日外国人の割合
出典:日本政府観光局(JNTO)

インスタグラムの中国語は台湾香港向けの繁体字で

インスタグラム
インバウンド
中華圏

 

この3つの条件が最も多く当てはまる地域は台湾と香港です。

 

中国大陸ではインスタグラムは普及しています。

 

なので中国語でハッシュタグをつける場合は簡体字ではなく繁体字で書く必要があります。

 

中国語を勉強していない人は難しいですよね。

 

中国語を勉強していてもどんなハッシュタグがいいのかわからない人がほとんどだと思います。

 

こちらで中国語繁体字のハッシュタグを選んだのですぐにでもインスタグラムで台湾や香港からの訪日外国人を集客したい場合はご活用ください。

 

方法は簡単です。

 

インスタグラムの特性を活かして投稿しましょう。

 

インスタグラムは写真がメインのSNSです。

 

  1. インスタ映えする写真を撮る
  2. 中国語繁体字ハッシュタグをつける
  3. 投稿する

 

びっくりするほど簡単ですよね。

 

魅力ある写真を撮りましょう。

 

「日本らしい」「これを見たい」「これを食べたい」「ここに行きたい」「これを体験したい」と思ってもらえれば成功です。

 

この写真に中国語繁体字ハッシュタグをつけましょう。