訪日外国人をSNSの中国語ハッシュタグで集客

この3つに当てはまる人はこの文章を読んでみてください。集客のコツをつかむことができます。

 

訪日外国人を集客したい
無料のSNSを活用したい
中国語のハッシュタグを知りたい

 

訪日外国人の数は右肩上がりで増えています。スマホの普及とともに世界で使用されているのがSNSです。

 

インバウンド集客top

 

同じSNSというプラットフォームを使うので画面や操作方法は世界共通です。なので受け取る側は情報がわかりやすくなりました。

 

しかし情報を発信する側は情報過多になっています。この2つをマッチングさせなければいけません。

 

発信する情報
受信する情報

 

ここでは中国語に特化したハッシュタグについてお伝えしていきます。

 

インバウンド集客1

インバウンド集客で活用されているSNS

アジアの各地で主にどんなSNSが使われているかまとめてみました。

 

SNS


インスタグラム
ツイッター
微博
facebook
YouTube(SNSと同様に検索されている)

 

地域


日本
中国(簡体字)
香港(繁体字)
台湾(繁体字)
シンガポール
韓国

 

このステップでSNSを発信していくことが重要です。

 

どこの地域の人に発信するのか?
その地域の人が使っているSNSは何か?
その地域の人が使っている言語は何か?

 

すべての文章を外国語で書く必要はありません。写真で伝わります。写真で伝わるのでそこにアクセスしてもらうまでが勝負です。

 

アクセスしてもらうためにGoogleやヤフーでは検索に文字を入力しますがSNSではハッシュタグをたどってやってきます。

 

似ていますが同じ文字でも違う部分があります。

 

ブログとSNSでは人気なるワードが違います。

 

インバウンド集客2

YouTubeもインバウンド集客で大活躍

YouTubeもインバウンド集客で人気です。各自治体も集客のために観光動画をYouTubeにアップしています。

 

広告を出して集客しているところも実は多いんです。自治体の予算から出るんだと思います。そしてアクセス数を伸ばしているところもあります。

 

しかしいくらいい内容の動画を撮ってアップしてもアクセスがなければ見てもらうことはできません。

 

広告を出すのも方法の1つですが広告費用が必要です。

 

YouTubeでもよく見るとハッシュタグをつけている人がいますよね。ハッシュタグをクリックするとそのハッシュタグをつけた動画が出てきます。

 

インバウンド集客3

どうやって訪日外国人を集客するのか

どうやって訪日外国人を集客するのかといえばたくさんの方法があります。

 

しかし一般的な集客方法はデメリットも多いんです。

 

一般的な集客のデメリット


口コミ:何からやればいいかわからない。
旅博などイベントに出展:出展費用が掛かる
ブログ:Google翻訳では不自然な外国語になる。

 

そこで気軽にできるのがSNSです。具体的な方法はこちらです。

 

シンプルなSNS集客


1.写真をアップ
2.簡単な日本語を書く。
3.ターゲットに向けた外国語ハッシュタグを付ける

 

この3ステップでOKです。

 

英語のハッシュタグは日本人だったらなんとなくわかると思います。ここでは中華圏の人に向けた中国語ハッシュタグをおすすめしています。

 

まだ日本のインバウンドで使用している人が少ないです。競争が少ない内がより効果的です。

 

インバウンド集客4

インバウンドSNS集客で写真は撮影できるけど外国語がわからない

インバウンドSNS集客で写真は撮影できるけど外国語がわからないという人も多いと思います。

 

大事なことは翻訳だけでは検索されないということです。検索されるワードをハッシュタグに書かなければいけません。

 

おすすめのハッシュタグが存在するんです。

中国語ハッシュタグで訪日外国人を集客

まだやっている人が少ないハッシュタグで中華圏の訪日外国人を集客しましょう。

 

訪日外国人の国地域別内訳をまず分析しましょう。

 

中華圏から多く日本に来ていることがわかります。

 

ということは言語の面で言えばインバウンドで活用すべきは英語より中国語です。中国語の次は韓国語です。

 

訪日外国人の割合
出典:日本政府観光局(JNTO)

 

上記の図表で中国語が重要なことがわかると次は訪日外国人に検索してもらう行動をしなければいけません。どんな中国語ハッシュタグが人気があるのかチェックする必要があります。

中国語をこれから勉強してもインバウンドSNS集客に間に合わない

これまでの文章を読んで中国語をこれから勉強してもインバウンドSNS集客に間に合わないと思った人も多いのではないのでしょうか?

 

その通り間に合いません。

 

そして外国人はすごい勢いで日本に来ています。

 

この勢いにすぐに乗った方がいいんです。

 

なのでこちらで人気中国語ハッシュタグを選びました。

 

中国語の勉強はしないよりした方がいいので各自のペースでやってみてください。

よく使われる中国語ハッシュタグベスト50

たくさんのSNSを見て基本となるハッシュタグを探し出しました。

 

インバウンド集客5

 

やはり気になることは日本人も外国人も似ています。こんなことが気になるようです。

 

グルメ
費用
交通

 

よく使われる中国語ハッシュタグベスト50をきっかけに写真を見てもらいましょう。ここで気に入ってもらえれば他の写真もみてくれます。そしてSNSにリンクしている公式サイトを見てもらうことができます。

インバウンドSNS集客での中国語ハッシュタグの使い方

インバウンドSNS集客での中国語ハッシュタグの使い方は簡単です。

 

単語に「#」をつけるだけです。

 

簡体字や繁体字が書けなくてもコピペすれば大丈夫です。日本語も書いています。

 

2種類用意
簡体字:中国大陸向け
繁体字:台湾・香港向け

 

スマホ時代のAISASの法則でインバウンドSNS集客

スマホ時代のAISASの法則でインバウンドSNS集客しましょう。

 

インバウンド集客6

 

Attention(認知)
Interest(興味)
Search(検索)
Action(行動)
Shere(共有)

 

インターネットの時代の情報を知る流れです。スマホで完結します。

 

最後はシェアして宣伝までしてくれます。

 

悪い口コミもシェアされるので良い口コミになるようサービスは手を抜けません。しかし満足してもらったらシェアの輪が広がり相乗効果が生まれます。